フォークリフト 特定自主検査とは

フォークリフトの特定自主検査とは労働安全衛生法、及び労働安全衛生規則で義務付けられているフォークリフトを用いて業務を行う際に必要になる年次検査のことです。

対象となるフォークリフトは小型の物からすべてのフォークリフトが含まれます。

毎月行う月次検査と異なり、厚生労働省の許可する検査業資格を持つ指定検査業者でなければ年次検査を行うことはできません。

弊社は設立と同時に特定自主検査業許可を取得し、長年フォークリフトを整備、検査してきたスペシャリスト集団で、すべてのクラスのフォークリフトを扱い、検査だけでなく、よりお客様の使用環境に適したフォークリフトの入れ替えアドバイスや中古手配、新車フォークリフトの設計、用途に適したアタッチメントの製作、設計、事業所間のフォークリフト移動や移設、などを行う総合フォークリフトコンサルタントを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です